IMPORTRANGE関数を使って担当者ごとのシートに振り分けリアルタイムの閲覧が可能にした。

ビジネススキル

はじめまして!

めんずすくーるのライトです。

最近Googleスプレッドシートを使う頻度が増えてきて、これから使っていく方現在も使っている方含め色々話せたらと思ってます!

前回の記事

▶️https://mens-school.com/filterfunction-spreadsheet/

あれから色々行うことが増えてきて関数はもちろんgasなんかにも手を出して現在は【業務効率】を考えて仕事をしています!

今回も最近使った関数を紹介していきます。

今回行いたいこと!

元シートの内容を違うスプレッドシートに自動で転記したい。

スプレッドシートA(元シート)

スプレッドシートB

変更、更新があった場合に自動で転記する仕組み。

スプレッドシートBは閲覧専用

まずはスプレッドシートを開きます。

前回の記事のシートをそのまま使っていきます!

今回は田中、鈴木、佐藤、個人個人のスプレッドシートで確認が出来るようにしていきたいと思ってます!!

元シートは出来ているので新しいスプレッドシートを開き転記したい場所にカーソルを合わせます。

【IMPORTRANGE関数】を使用します!

【準備】

1。元シートのシート情報を抜き出しておきましょう!

シート情報とは?

URLウインドウのhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/ から下のURLをコピーしておきます。

2。転記したい元シートのシート名の確認

シート名は鈴木

3。転記したいシートの範囲

今回はA~D列

以上の3つをまずはコピペしてメモ帳にでも貼っておきましょう!

ここからは転記先のシートを編集していきます!

編集といっても関数を打ち込んで先ほど準備した3つを順番に入力していけば終わりです!

シートと同じ形をとりたいのでA1にカーソルを合わせ関数を打ち込んでいきます。

=IMPORTRANGE(“1のスプレッドシートの情報”,”鈴木!A:D”)

で入力すると画像の様になります。

アクセスを許可をクリック!!

クリックするとデータが出現します。

元シートでレイアウト(文字の大きさ、色)などを変えていてもそれは反映されないので気をつけてください!

レイアウトはシート共有後に変更してみてください!

共有先のシートで変更をしてしますと内容が消えてしまうのでそういったイレギュラーを起こさないためにも

閲覧専用にして、編集者は1人など少数をお勧めします!!

今回は、【IMPORTRANGE関数】を使用して元シートから違うシートへの転記の仕方を紹介しました!

操作なく内容が共有できればOKだったのでこの様な仕様になりました!

色々他の関数とも組み合わせて業務の効率化を目指していけたらいいなと思っています。

少しでもこの記事がやくに立つ方がいれば幸いです!!

色々と関数を実行して少しずつですが業務効率化になってきていると実感しています。やるべきことやらなくてもいいことをしっかり見極めて実装ができればと思います。外注するのも一つですが自分でやってみるのも達成感があっていいですよ!!そんなことを学ぶきっかけとして受講してみるのもいい経験になると思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました