確定申告の準備はしていますか??今からできるおすすめふるさと納税

ビジネススキル

はじめまして!

めんずすくーるのライトです。

今年も残すところ2ヶ月を切りましたね!個人事業主の方は確定申告をするためにも準備はできていますか?

経費や控除額を増やすタイミングも残りわずかな期間ですのでお早目に動き出しましょう!!

経費

さて今回は【経費】※決算書で言う(黄色線部分)

経費とは事業を行うために使用した費用です。

この部分をいかに使うかで翌年の節税効果が期待できます。

節税効果の一つと考えてください!

100万円売り上げて100万円経費にしたら税金ゼロ円ですが手元に残るお金もゼロなので意味ないっすね。

トレーナーの私が経費にしている例になります。トレーナーは比較的に経費項目が少ないと思いますので覚えてしまえば簡単かもしれません!!

※税理士でもないので全てが正しいとは限らないので責任は負えません。自分の生活と照らし合せて経費にするしないの判断材料に少しでも参考になればと思っています!!

基本的になんで、どのように仕事に必要か?が説明できればよしと思って経費にしています。

通信費

Kindle代、携帯代(現在楽天の為0円)、アマゾンプライム、Office関連、Adobe関連など

→仕事関連の本や、音楽を流す為、資料作成や動画作成で使用のため経費にしてます。

広告宣伝費

チラシなど

会議費

食事代(トレーナーとの)、カフェ代など

→仕事に関係あるないは自己判断なのかなと。一人外食などは厳しいのかなと思います。

消耗品費

店舗備品や、携帯・PC(本体)など。

→青色申告だと30万まで一括で経費に出来るみたいなので計上しました。

地代家賃

→家の家賃の30%を経費として計上してました。

新聞図書費

本全般、参考書など。

トレーニング関連費

※自作勘定項目です。必要に応じて作成しましょ。命名は考えて設定。

ウエア、ジム、サプリメントなど。

→業務遂行に必要な項目で作成。

以上が基本的に使用した、経費の仕訳になりました。

これ以外にも振り分けは可能だと思いますし、生活が違うので割合は変わって来ると思います。

判断として、【事業を進める上で必要か否か】でしっかり答えられるなら経費にして問題ないと思ってます。

残り2ヶ月でできること

税金を下げるために考えらえることは、『経費を増やす』『控除額を増やす』の2点かなと思っています。

控除額を増やすために、保険に加入・小規模事業共済などiDeCoに投資をする・『ふるさと納税』などかなと思います。

それ以上にあると思いますが一旦ここで。

経費を増やすために、業務で使うものを購入していくのが1つですね!

業務上必要なものですが手元の現金は無くなります。そこは収入と相談ですね!!

控除額はどうかと言いますと、※保険やiDeCoなど支払いで現金は無くなりますが、長い目で見たときに投資先として自分に返ってきます。

※契約によります。貯蓄型なのか掛け捨てなのか何に入るのかなど。

銀行に預けるか、違う媒体に預けるかの違いで貯金できつつ控除ができるのはいいことですよね!!

また冒頭で『』で書いたふるさと納税が一番やりやすくすぐにできることではないかなと思います。

ふるさと納税とは

色々細かい案内は調べて欲しいのですが、『実施2000円で特産品がもらえる』ってことを言っています。

どういうことなのか?10,000円の商品を買って実質2000円でその商品を楽しめます。

残りの8000円はキャッシュバック!!ではなく、よく年の住民税から8000円引かれるので実質2000円と言っています。

どうせ支払う税金を先払いして、そのうちの2000円で特産品を楽しもうという考えでいいと思っています。

よって購入品も考える必要がありますね!

  • せっかくだから贅沢しよう。
  • いつも使っているものを購入しよう。

の2択じゃないですかね??

私は今回買い物でよく利用するコストコのクーポン券を返礼品として選択しました!

楽天で購入したのですが、購入前に事前確認でお買い物マラソンや、0・5のつく日のポイントUPなどしっかりエントリーしてから購入していきましょう!

ポイントのつき方がだいぶ変わってきます!

購入方法ですが、『ふるさと納税 コストコ』と検索しお住いの地域付近のコストコがあれば選択しなければ郵送でも大丈夫な場所を選択していきましょう!

購入画面でいつもと違った部分は『ふるさと納税ページです』と案内がありました。ここは理解したを選択です。

次に『寄付金の用途』を選択し使ってもらいたいところを選択します!

『ワンストップ特例申請書』の送付については私は個人事業主なので希望はしません。会社員の方などはしっかり申請しましょう。

入力後最終確認画面が出てきます。

内容を確認してから進むようにしていきましょ!!

これで購入手続きを行い、いつも通りに購入していければ大丈夫ですね!!

※注意はいつも経費で落とす場合は事業用のクレカを使用していますがふるさと納税は経費にならないのでプライベート用のクレカで決算するのを忘れずに行いましょう!!

最後に

今回私自身ふるさと納税は初めてでしたが購入まで簡単にできました。来年の確定申告の際に記載漏れがなければ大丈夫だと思うので、もう少し早くからやっておけばよかったなと後悔をしています。

来年からも損をしないようにしっかり調べて経費や控除額を調べていきたいと思っています。

いつもなら買わない海鮮系やお肉などいろいろ種類はありますので贅沢品として堪能するのもあり、堅実にいつも使っているものを返礼品から探して購入もよし!

私は残りで金額を見ながらですが、カニやイクラなど海鮮系を攻めてみようかなと考えています!!

いろいろな選択肢があると思うのでまだやったことないって方はぜひオススメです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました